Tellicon
お問合せ
お問合せはこちら ご予約はこちら 0120-246-555(リフォーム555)

リフォームの「なぜ?」や「知りたい!」がここにある
リフォームナビ

リフォーム工事中の荷物はどこに保管する?

    • リフォーム前に考えること

更新日: 2018年08月30日

リフォーム工事を行うときに、仮住まいに引越しするにせよ、住んだままリフォームをするにせよ、家具や荷物の扱いに困る人は意外と多いものです。

特に仮住まいへの引越しが必要になるほどの大掛かりなリフォームの場合、家中の家財をすべて運び出さなければならず、それらを収められるような物件となると、家賃も割高になり出費がかさんでしまいます。


本コラムでは、そんなときに活用できる便利な方法をご紹介します。

リフォーム中の荷物の扱いに困るのはどんな場合?

仮住まいへの引越しを伴う大掛かりなリフォームを行う

すべての荷物を運び込むためには、ある程度の広さがある物件でなくてはならず、それでは家賃が高くついてしまいます。必要最小限のものだけを仮住まいに持ち込むようにするのが節約のポイントです。

リフォームを行う場所の荷物を保管する場所がない

今の住まいに住んだまま行うリフォームでも、荷物の片づけは必要となります。使っていない部屋、大きな物置などがあれば別ですが、大型の家具や荷物が多い場合は、荷物を別の場所で保管することで、生活するための空間を確保できます。

新生活で必要な家具を事前に購入している

リフォームをする際に、家具や家電を買い替える人は多いのではないでしょうか。それらを事前に購入する場合は、リフォームが完成して引き渡されるまでの間、保管しておく場所が必要となります。

実際に荷物はどこに保管すればいい?

上記のような場合、どんな方法で荷物を保管すればいいのでしょうか。

引っ越し業者の一時預かりサービス

リフォーム中の仮住まいに入りきらない荷物を引っ越し業者が預かってくれるサービスです。引っ越し、預ける荷物の配送、保管の手続きが一度で済むので、面倒な手間を省くことができます。預けられる荷物の種類や量、期間は引っ越し業者によって異なりますので、引っ越しの見積りの際に確認してみましょう。ただし、預けた荷物を自由に出し入れすることができませんので、仮住まい先で使わないものだけを預けるようにしてください。

トランクルームやレンタル倉庫を利用する

普段使わないものをトランクルームやレンタル倉庫に収納している人も、今では増えてきています。このような施設はリフォーム時の荷物の保管場所としても便利です。トランクルームやレンタル倉庫を選ぶ際には、セキュリティーがしっかりしているか、保管場所の環境(屋外・屋内)、荷物の出し入れは自由かどうか、自宅からの距離を考慮してください。

まとめ

リフォーム工事中の荷物の保管方法についてご紹介してきました。

引越し業者の一時預かりサービス、トランクルームやレンタル倉庫のどちらを利用するにせよ、荷物があまりに多くなりすぎると、その分費用は高くなります。普段使うものと入居まで使わないものに分類することはもちろんですが、この機会に不要なものは思い切って処分することも必要かもしれません。