お問合せはこちら お急ぎの方はこちら 0120-246-555(リフォーム555)

TOP > リフォームの前に知っておきたいこと > キッチンのリフォームポイント

リフォームの前に知っておきたいこと

キッチンのリフォームポイント

不便を解消して快適&ラクラク料理が楽しくなるキッチンに

キッチンのリフォームを検討するなら、まずはキッチンのスタイル・配置について知りましょう。

調理中も家族との会話を楽しめたり、複数人での調理にも向いているオープンキッチンにするか、においや煙がもれない独立型にするかも、雰囲気が大きく変わるポイントです。人の動き、希望に合わせて、理想のキッチンを実現していきましょう。

Step 1

まずは使いやすい間取りとレイアウトを決めましょう

どんな間取りがある?
ペニンシュラ型
ペニンシュラ型

調理台とダイニングの間にカウンターや吊り戸棚を設け、見通しを確保しつつ、手元を隠します。

オープン型
オープン型

調理台とダイニングの間を仕切らないつくり。調理中も会話を楽しめ、お子様の様子も見守れます。

独立型
独立型

三方を壁に囲まれた間取り。においが漏れない、収納計画を自由に立てやすいなどのメリットがあります。

どんなレイアウトにしよう?
セミオープン型
セミオープン型

調理台の一部を壁から突き出した配置。シンクを配して対面キッチンや、カウンターに。

U型
U型

調理台を直角にしたタイプ。角を利用すれば、狭い間取りでも快適な作業空間を確保できます。

Ⅰ型
Ⅰ型

コンロ、調理台、シンクを横一列に配置したレイアウト。作業台は十分な広さを確保しましょう。

アイランド型
アイランド型

調理台を島のように独立させたキッチン。開放感があり、複数人で調理するのにも適しています。

U型
U型

コンロ、シンクの位置取りが自由にでき、広いカウンターでゆったり作業できます。独立型向き。

Ⅱ型
□ペニンシュラ型

2列にした調理台を平行に配置。ふり返りの動作で効率よく作業でき、収納スペースも豊富です。

Step 2

最適な配置を考えましょう

動 線
動 線Point
キッチン内の動きだけでなく日ごろの家事のしやすさも重要

炊事と洗濯を同時にこなしたいなら、洗面室はキッチンに近接させると、ふだんの家事の動きがスムーズに効率よくなります。生活の流れをイメージして配置を決めましょう。

収 納
収 納Point
物の量や使い方に合わせてかしこい収納計画を

キレイなキッチンを維持するには、収納スペースの確保が大切です。よく使うものは近くに、重いものは低い位置にしまうのが基本。小さくても貯蔵スペースがあると便利です。

Step 3

家事ラクを実現する便利な設備を取入れましょう

便利な機能がたくさん!Point

魅力的なキッチン設備が増えています。食後の手間を省くなら、節水効果も期待できる食器洗浄機。掃除がしやすいレンジフードやIH調理器、高火力で調理効率のよいガスコンロなど、それぞれの特徴を知って、必要なものをかしこく取り入れましょう。

食器洗浄機
食器洗浄機
レンジフード
レンジフード
IH クッキングヒーター
IH クッキングヒーター
ガスコンロ
ガスコンロ
「リフォーム安心ブック」無料でお送りします。
TOP
ページの
トップへ