お見積り無料

TOP > リフォームの前に知っておきたいこと > 水まわりのリフォームポイント

リフォームの前に知っておきたいこと

水まわりのリフォームポイント

湿気のこもる浴室や洗面室をすがすがしい空間にリフレッシュ

湿気のこもる浴室や洗面室をすがすがしい空間にリフレッシュ

水まわりは家の中で最も老朽化が表れやすい場所です。

設備・機能を一新して、明るくクリーンな空間にしたいと望む人も多いはず。

ポイントとなるのは家族構成と年齢。

お子様と一緒にお風呂に入るか、お年寄りのための手すりは必要か、などを踏まえて、広さやバリアフリー性などを決めましょう。

bathroom

日々の使いやすさに配慮してこだわりの空間をつくりましょう

安全・快適・清潔な浴室づくりの基本項目をチェック
Point
安全・快適・清潔な浴室づくりの基本項目をチェック
  • サイズ

    足をゆったり伸ばせる浴槽にしたり、介護のために洗い場を広くするなどの工夫ができます。

  • 保温性

    冬場の浴室の寒さは、冷たさを感じにくい床材や、浴室を保温材でくるむなどして改善できます。

  • 清掃性

    掃除しやすい排水溝や、水はけのよい防カビ素材の鏡や壁を選べば、清潔を保ちやすくなります。

家族みんながくつろげるさまざまな機能をプラス
Point
バリアフリー

段差をなくし、要所に手すりを設けた仕様。床暖房などでお年寄の体に負担をかける寒さもやわらげます。

快適性

浴室で音楽や映像を楽しめるようにしたり、疲れた体をほぐすジェットバスなど、快適なバスタイムを演出。

乾燥・冷暖房

冷暖房や乾燥機能で、夏冬も快適に。梅雨どきは衣服の乾燥でも活躍してくれます。

sanitary

「多機能空間」をかなえる設備をそろえましょう

用途に合った機能を集める
Point
必要な機能を効率よく集約させ朝の忙しい時間もスムーズに
必要な機能を効率よく集約させ朝の忙しい時間もスムーズに

洗面室は、生活のさまざまな動作を行なう空間。用途に合わせた収納スペースを確保しましょう。システム洗面なら、必要なものがコンパクトに集約されています。

アイデア次第でもっと快適!
Point
あったら便利をプラスしてより快適なこだわり空間を
あったら便利をプラスしてより快適なこだわり空間を

たとえば洗濯機の隣にタオルラックを設けると機能的に。登校の時間が重なるなら、洗面台をツインボウルに。
小さな工夫で生まれる快適な暮らしを楽しみましょう。

sanitary

狭い空間を快適スペースに変えるタイプと機能を選びましょう

タイプ
Point
タンクあり
タンクあり

外付けタイプ。手洗いの有無でサイズは変わる。

タンクなし
タンクなし

スリムだが、手洗い場が別に要り費用がかさむ。

急な来客を迎える機会もあり、いつでも清潔にしておきたいトイレ。床材は汚れにくく掃除しやすい素材に。便器は各メーカーから、センサーのついたものや節水性に優れたものなどが発売されています。

最新機能でラクチンに!
Point
多機能リモコン

壁のリモコンでフタの開閉や温水洗浄の水流を調節できます。

凹凸なし便器

凹凸が少なく、汚れがつきにくい素材の便器は掃除が楽にできます。

自動センサー

フタの開閉や水洗をセンサー式にすると、清潔性が高まります。

「リフォーム安心ブック」無料でお送りします。
TOP
TOP

無料お見積りはこちら