Tellicon
お問合せ
Btn h yoyaku sp
来店予約
お問合せはこちら ご予約はこちら 0120-246-555(リフォーム555)

リフォームの「なぜ?」や「知りたい!」がここにある
リフォームナビ

リフォームでトイレを最新のタンクレストイレに替えたいのですが、気を付けなければいけないことはありますか?

  • 入門編

更新日: 2018年08月30日

タンクレストイレ

タンクがない省スペース設計のタンクレストイレは、近年人気が高まっています。トイレをリフォームする際に、タンクレストイレへの変更を検討している方も多いかと思いますが、建物によっては設置が難しいケースがあるのをご存知でしょうか。本コラムでは、設置が難しいケースについて詳しくご紹介します。

タンクレストイレのメリット・デメリット

メリット

タンクレストイレはコンパクトなので、従来のトイレよりもスペースを広く使うことができ、収納を新設することも可能です。水道から直接水を供給しているため、連続で水を流すことができるのも特徴です。また、凹凸が少ないフォルムなので、見た目がおしゃれな上、掃除がしやすいというメリットもあります。

デメリット

タンクレストイレは電気を使って水を流す仕組みとなっているので、停電の際にはバケツなどに水を溜めて流さなければいけません。また、ウォシュレットと一体型になっているため、故障した際にウォシュレットだけを取り替えることはできないので注意が必要です。

タンクレストイレの設置が難しいケースとは

タンクレストイレには、設置がしやすいケースと設置が難しいケースがあります。どちらのケースでも注意すべき点は、トイレ室内にある給水栓の水圧の強さです。

設置が難しいケース

一般的にマンションの高層階や、戸建て住宅の2階部分への設置は難しいとされることが多いようです。しかし、必ずしも水圧が弱いわけではないので、事前にリフォーム会社へ依頼して設置が可能な水圧かどうかを確認してもらってください。
最近では仮に水圧が弱くても、設置が可能な加圧装置の付いたタンクレストイレも各メ―カーから発売されています。費用が多少高くなるデメリットはありますが、これならマンションの高層階であってもタンクレストイレを設置することができます。

設置が容易なケース

戸建て住宅の1階部分やマンションの低層階であれば、比較的設置は容易なことが多いです。ただし、古い建物の場合は配管内のサビによって水の通り道が狭くなり、水圧が弱まっていることがあります。設置が容易なケースであっても、念のために水圧の調査を行うことをおすすめします。

 

まとめ

タンクレストイレを設置するには「トイレの洗浄に必要な水圧の強さがある」という条件をクリアしなければいけません。この条件さえクリアできれば、掃除がしやすかったり、節水ができたり、トイレ内のスペースが広くなるなどの様々なメリットがあるとても便利な設備です。まずはリフォーム会社に相談して、お住いに適したトイレ設備を確認してみては如何でしょうか?。

「事前予約」でスムーズにご案内

混雑時には充分なご案内が
できないことがございます。
ショールーム内のご案内、無料相談、
現地調査をご希望されるお客様は、
事前にお電話でご予約いただきますと、
優先的にご案内させていただきます。

Free dial Btn m yoyaku pc

受付時間: 10時〜19時(日・祝日除く)

Btn m yoyaku sp