Tellicon
お問合せ
Btn h yoyaku sp
来店予約
お問合せはこちら ご予約はこちら 0120-246-555(リフォーム555)

リフォームの「なぜ?」や「知りたい!」がここにある
リフォームナビ

住宅ローンとリフォームローンの違いは何ですか? どちらを利用すればいいのですか?

  • 入門編

更新日: 2018年08月30日

新築の住宅を建てる際に利用されることが多い住宅ローンは、リフォーム費用の支払いにも活用することができます。実際に住まいのリフォームをするときに、住宅ローンとリフォームローンのどちらを選ぶべきか悩む方は多いのではないかと思います。そんなときは、それぞれの特徴を比較してみることがポイントです。

そこで本コラムでは、リフォーム時に役立つ住宅ローンとリフォームローンの特徴についてご紹介します。

リフォームローンと住宅ローン それぞれの特徴

リフォームローンには、以下のような特徴があります。

    リフォームローンのメリット

  • 審査が通りやすく、審査にかかる時間も短い
  • 担保が不要である
  • リフォームローンのデメリット

  • 返済期間が10~15年程度と短く、月々の返済額が高い
  • 借入できる金額が50~500万円程度と少なめ

リフォームローンを利用する際には、月々の返済額が高めに設定されているので、返済プランがしっかりできていないと家計を圧迫しかねません。


一方の住宅ローンは以下のような点が特徴です。

    住宅ローンのメリット

  • 返済期間を長く設定したり、低金利で借り入れができる
  • 借入金額の上限が多い
  • 住宅ローンのデメリット

  • 審査が厳しい
  • 抵当権を担保にして借り入れをしなければならない

既存の借金の有無によって変わりますが、借入金額の上限が多く、リフォームのための資金をより多く用意することができます。ただし、審査が厳しいため、リフォームローンは通っても住宅ローンは通らないことも考えられます。

リフォームの時にはどちらのローンを選べばいい?

リフォームローンの方が審査に通りやすく、担保が不要なので利用しやすいというメリットはあります。しかし、住宅ローンの方が金利が低く設定されているため、長い目で見ると数十万、数百万円単位で返済額の総額に大きな差が生じることになります。

高額な費用がかかる大掛かりなリフォームなら住宅ローン、それほど費用がかからない小規模なリフォームならリフォームローンを利用するのが、合理的と言えるかもしれません。

まとめ

住まいを快適な状態に維持したり、ライフスタイルの変化に合わせて住みやすい環境を整えたりするために、リフォームはとても有効な手段です。しかし、リフォームをするためには、ある程度まとまった資金が必要になります。リフォーム資金を多めに確保したいのであれば住宅ローン、返済期間を短くしたいならリフォームローンといったように、ニーズに合わせて考えてみるのもいいかもしれません。それぞれの特徴や違い、またメリットとデメリットを比較して、自分や家族にとって負担が少ない方法を選ぶことが重要です。

「事前予約」でスムーズにご案内

混雑時には充分なご案内が
できないことがございます。
ショールーム内のご案内、無料相談、
現地調査をご希望されるお客様は、
事前にお電話でご予約いただきますと、
優先的にご案内させていただきます。

Free dial Btn m yoyaku pc

受付時間: 10時〜19時(日・祝日除く)

Btn m yoyaku sp