Tellicon
お問合せ
Btn h yoyaku sp
来店予約
お問合せはこちら ご予約はこちら 0120-246-555(リフォーム555)

リフォームの「なぜ?」や「知りたい!」がここにある
リフォームナビ

システムキッチン

  • さ行

システムキッチン

システムキッチンとは、シンク(流し台)、調理台、コンロが一体化しているキッチンのことをいいます。流し台・調理台・コンロ台・キッチン収納がワークトップと呼ばれる天板でつながっていて、シンクからコンロまでをひと続きにしている点が特徴です。それぞれのパーツの間に継ぎ目がなくなり、高さも同じになるため作業がしやすくなります。高さや幅などを調整できることが多く、食器洗い乾燥機やビルトインオーブンレンジなど、使う人の好みに応じた組み合わせのバリエーションも豊富です。

従来のキッチンとの違いは?

従来のキッチンセットでも、収納の扉の色や高さを揃えてステンレスの天板を載せれば、システムキッチンと同じように見せることができます。しかし、もっとも大きく異なるのはガスコンロやIHなどのレンジ回りです。システムキッチンは、ガスでもIHでもコンロ部分はビルトインになっています。

 

それに対して、従来のキッチンはレンジ台の上に据え置き型のコンロやIHを置いて使います。そのため、コンロ台とコンロの間に隙間が多く、そこにゴミや汚れがつきやすいのですが、システムキッチンにはそのような隙間がありません。

 

また、システムキッチンは、従来のキッチンではできなかった微妙な幅や高さなどを調節することで、使う人にとってぴったりのサイズに仕上げることが可能です。色や材質、パーツなどを組み換えられるので、使う人の好みや設置場所に合わせやすい点も従来のキッチンと大きく違います。

種類豊富なシステムキッチン! どんなものがある?

システムキッチンは、大きく分けるとクローズ(壁付け)とオープン(対面)の2種類に分かれます。壁のほうを向いて作業するタイプがクローズキッチン、ダイニングやリビングを見渡せるようになっているのがオープンキッチンです。

 

オープンキッチン、クローズキッチン

 

壁への接し方やパーツの配置の仕方によって分けると、I型、L型、アイランド型、ペニンシュラ型、セパレート型という分け方もできます。I型とL型はシンク、作業台、コンロの配置による分け方です。横一列のものがI型、作業スペースがL字型に曲がって配置されているものがL型です。

 

L型、I型キッチン

 

アイランド型はキッチンが壁に接しておらず、島状に独立しています。ペニンシュラ型は半島のように、キッチンの一部が壁に接しているものです。

アイランド・ペニンシュラ

 

セパレート型は、シンク、調理台、コンロのいずれかが独立しているタイプのことを指します。

詳しくはキッチンのリフォームポイントページにて紹介しております。

システムキッチンまとめ

システムキッチンは、部屋の形や使う人の好み、使いやすさなどに応じて自由に組み換えが可能です。従来のキッチンでは使い勝手が悪いと感じているのであれば、システムキッチンへのリフォームを検討してみるとよいでしょう。

 

使い方に合わせて形を選べるのがシステムキッチンの魅力です。そのメリットを活かすためにも、事前にどのような使い方をするのかをはっきりさせる必要があるでしょう。誰がどのように使うのかが決まれば、ぴったりの組み合わせが選べるはずです。

「事前予約」でスムーズにご案内

混雑時には充分なご案内が
できないことがございます。
ショールーム内のご案内、無料相談、
現地調査をご希望されるお客様は、
事前にお電話でご予約いただきますと、
優先的にご案内させていただきます。

Free dial Btn m yoyaku pc

受付時間: 10時〜18時(土・日・祝日除く)

Btn m yoyaku sp