Tellicon
お問合せ
Btn h yoyaku sp
来店予約
お問合せはこちら ご予約はこちら 0120-246-555(リフォーム555)

リフォームの「なぜ?」や「知りたい!」がここにある
リフォームナビ

仮住まい?そのまま住む?リフォーム工事中の住宅事情

    • リフォーム工事中に気をつけること

更新日: 2018年09月07日

引っ越しの画像

トイレだけ、玄関だけ、と部分的なリフォームであれば、そのまま生活をしながらの工事も可能ですが、キッチンとリビング、もしくは1階全体のリフォームといった具合に、工事範囲が広い場合は、一時的に別の住まいに移ること検討する必要があります。

 

本コラムでは、リフォーム中の家にそのまま住み続ける「居ながらリフォーム」と、「仮住まい」のメリットとデメリットをご紹介しますので、具体的に比較してよい選択をしてください。

「居ながらリフォーム」のメリット・デメリット

メリット

「居ながらリフォーム」の大きなメリットは、仮住まいの費用負担が必要ないということです。また、住み慣れた環境であるため、通勤や通学経路もそのままでOKです。

工事の間、その設備・場所が使えませんが、キッチンを交換するのなら、その間だけ外食やお弁当で済ませたり、浴室のリフォームなら銭湯に行ったりと、一時的にしのぐ方法はいくつかあるものです。

デメリット

お金も節約でき、引越し先を探す手間や時間も必要ない居ながらリフォームですが、見過ごせないデメリットもあります。

 

騒音やほこりなどの問題です。工事中は、既存設備の撤去・解体によって発生する廃材やほこり、電動ノコギリで材料を切るときの騒音や大量の粉じんなどが避けられませんので、注意が必要です。特に小さなお子様や高齢者、ペットなどにとっては、大きなストレスの原因となる可能性があります。

 

こうしたリスクを避けるためには、その時間は外出したりするなどの工夫が必要です。

仮住まい先はコストと工事日数を基準に選ぶ

いざ、仮住まいに移る場合にデメリットとして挙げられるのが、引越し費用や賃貸物件の初期費用、家賃といったコストの問題です。しかし、上記で説明した通り、騒音や振動、ほこりなど、工事関連のストレスに悩まされることはありませんし、リフォーム業者側も工事に専念できるため、効率よく工程を進められるというメリットもあります。

 

具体的な仮住まいの候補としてはご家族や知人のお宅に住むなど以外に、ホテル、ウィークリーマンション、賃貸物件などがあります。それぞれの特徴について見ていきましょう。

ホテル

数日程度で終わるリフォームなら、旅行気分でホテルに泊まるのもいいかもしれません。

家財を運び出す場合には、引っ越し業者の荷物預かりサービスなどを利用するのがお勧めです。ただし、行楽シーズンにはホテルの宿泊料が高くなるので、注意が必要です。

ウィークリーマンション

初期費用が契約手数料のみという手軽さが最大の魅力です。週単位で契約ができ、家具や家電も用意されているので、数週間~2か月くらいで済むリフォームなら手頃な選択肢といえます。

 

料金は広さはワンルーム~1DK程度の物件なら1日につき5,000円程度が目安です。

ただし、家族の人数が多い場合は2部屋以上を借りなくてはいけませんし、家財道具を搬出する必要がある場合には、ホテルの場合と同様にそれらを保管する場所が必要となります。

短期の賃貸物件

工期が3か月以上に及ぶ大規模なリフォームの場合は、短期間で借りられる賃貸物件を探すのもお勧めです。短期間でも賃貸可能な物件を多く取り扱う不動産会社もあります。運よく賃貸の一軒家が見つかれば、家族が多くても問題ないですし、家具や家電などの荷物をそのまま持ちこむことも可能です。

 

早めに物件選びに着手して、立地や広さ、家賃などで条件のいい仮住まいを見つけたいものですが、その際にネックとなるのが初期費用です。家賃のほかに、敷金、礼金、仲介手数料などが必要になります。さらに家財を運ぶ引っ越し料金、生活用品の購入費用なども見込まなければなりません。

 

注目したいのはUR賃貸住宅です。独立行政法人の都市再生機構(UR 都市機構)が管理している公的な賃貸住宅で、礼金や仲介手数料が不要、短期入居OKというメリットがあります。

物件数は限られており、入居は先着順という条件がありますので、希望するエリアに空きがあるかどうか、確認してみでください。

ペットにも配慮が必要

犬や猫などのペットを飼っている場合には、その対処についても検討する必要があります。

知人や親族に預かってもらうほか、ペットホテルを手配する、ペット可の賃貸物件に連れて行くといった選択肢があります。

しかし、短期賃貸可能で、なおかつペット可という物件は、決して多くありません。

いずれにしても早めに準備をされることをお勧めします。

仮住まいの費用を抑えるには

仮住まいの費用を最低限に抑えるポイントは、生活に必要な家電や家具だけ持ち込むことです。荷物量が減り、引っ越し費用を節約することができます。

また、賃貸物件を探す場合には、着工の2か月前には物件選びを始め、1か月前までには物件を決めておきましょう。ぎりぎりまで引き延ばしてしまうと、割高な物件で妥協することにもなりかねません。

 

まとめ

仮住まいの生活では、ある程度の不便を強いられますが、少しの間だけの我慢です。リフォームが終われば、快適な生活が待っています。

ご希望されるリフォームの工事には、どのような準備が必要なのかなども、リフォームステーションでお気軽にご相談ください。

「事前予約」でスムーズにご案内

混雑時には充分なご案内が
できないことがございます。
ショールーム内のご案内、無料相談、
現地調査をご希望されるお客様は、
事前にお電話でご予約いただきますと、
優先的にご案内させていただきます。

Free dial Btn m yoyaku pc

受付時間: 10時〜18時(土・日・祝日除く)

Btn m yoyaku sp