Tellicon
お問合せ
お問合せはこちら ご予約はこちら 0120-246-555(リフォーム555)

リフォームの「なぜ?」や「知りたい!」がここにある
リフォームナビ

リフォームローンと住宅ローンの違いはなに?

    • リフォーム前に考えること

更新日: 2018年09月07日

家の模型と通帳、電卓の図

比較的大きな規模のリフォームを検討するときに、ローンをどうするかは避けて通れない問題です。しかし、いざローンについて調べてみると、リフォームローンと住宅ローンとの2種類があり、どちらにするかで迷ってしまうのではないでしょうか。

また、どのような特徴があるのかなど、分かりにくい部分もあります。

 

本コラムでは、リフォームローンと住宅ローンの特徴や、それぞれのメリット・デメリットなどについてご紹介します。

リフォームローンと住宅ローンの特徴

リフォームローンと住宅ローン。同じ住まいに関するローンですが、それぞれにどんな特徴があるのでしょうか。

リフォームローン

住宅の増改築や修繕などを目的としたリフォーム工事をする時に利用できるローンです。

そのため、住宅の新築工事では利用することはできません。

また、住宅ローンと比べて借入できる金額の上限は抑えられていることが多いです。

住宅ローン

住宅のリフォームはもちろん、新築工事でも利用できるローンです。

借入できる金額の上限が高く設定されています。また、リフォームローンと比べると金利が低く抑えられているのも特徴です。

 

つまり、リフォームローンはリフォーム工事専用のローンで、住宅ローンは新築とリフォーム、どちらにも対応できるローンだということです。

リフォームローンと住宅ローン。それぞれのメリット・デメリットは?

リフォームローンのメリット

リフォームローンのメリットとして、まず挙げられるのは担保が必要ないということ、それに加えて金融機関の審査が比較的通りやすく、審査結果が出るのも早いです。

さらに、住宅ローンと比較すると、面倒くさい手続きが少ないということもメリットと言えます。

リフォームローンのデメリット

デメリットは、借入金額の上限が低く設定されていることです。

つまり、家をフルリフォームする場合や、耐震補強、間取りの変更といった大規模なリフォームには向かないかもしれません。

さらに返済までの年数が短いこと、金利が比較的高いことが挙げられます。

住宅ローンのメリット

住宅ローンのメリットは、何といっても借入金額の上限が高いことが挙げられます。さらに、返済年数を長期に設定することができ、金利が比較的に安いことが多いです。

費用のかかる大規模なリフォームには、住宅ローンが向いていると言えます。

住宅ローンのデメリット

デメリットは、担保が必要となる場合が多いことです。これは、借入金額が多くなるため、仕方のないことかもしれません。

また、リフォームローンと比べると、審査が厳しい傾向があり、審査結果が出るまでに時間が必要となります。

リフォームにお勧めなのはどちらのローン?

どちらがリフォーム工事にお勧めなのかは、リフォームの規模に左右されます。

たとえば、数百万単位の比較的小規模なリフォームであれば、無担保での借入ができたり、審査の手軽さという面からリフォームローンが向いているかもしれません。

 

一方、1,000万円を超える予算がかかるような大規模リフォームであれば、ローンの手続きに多少手間がかかり、審査が厳しいとしても、住宅ローンの方が適しているのではないでしょうか。なぜなら、返済金額に影響する金利が安いからです。

 

リフォーム工事のためのローン選びについては、必要な資金などを検討しながら返済の金額、期間などもしっかりと計画していきましょう。また、金融機関によって金利は少しずつ違ってきますので、事前に資料を集め、比較しながら検討することもお勧めです。

 

ローンの仕組みが難しくて判断ができない!という方なら、リフォーム業者に相談してみてください。

 

まとめ

リフォーム工事のローンについては、大きな出費に関わることですので、なかなか決められない!という方は意外と多いものです。

リフォームステーションの店舗では、住宅設備を展示しているだけでなく、ローンの相談も可能です。設備見学と一緒に、ぜひ相談にいらしてください。

「事前予約」でスムーズにご案内

混雑時には充分なご案内が
できないことがございます。
ショールーム内のご案内、無料相談、
現地調査をご希望されるお客様は、
事前にお電話でご予約いただきますと、
優先的にご案内させていただきます。

Free dial

受付時間: 10時〜18時(土・日・祝日除く)