Tellicon
お問合せ
Btn h yoyaku sp
来店予約
お問合せはこちら ご予約はこちら 0120-246-555(リフォーム555)

リフォームの「なぜ?」や「知りたい!」がここにある
リフォームナビ

ユニットバスへのリフォームで気をつけるべきこと

    • リフォーム前に考えること

更新日: 2018年09月25日

ユニットバス

浴室が古くなったから新しいものにしたい、こだわりの最新機能を取り入れたいなど、ご要望は様々ですが、マンションのような集合住宅はもちろん、戸建てでも、浴室をユニットバスにリフォームするケースが増えています。しかし、浴室をユニットバスにリフォームする際には、注意しなければならない点がいくつかあります。

 

本コラムでは、戸建てやマンションでユニットバスにリフォームする際に気をつけるべきことをご紹介したいと思います。

既存の浴室が在来工法かユニットバスかで注意点は異なる

在来工法の場合

解体時に騒音とほこりが大量に出ます。特に、タイル張りの浴室の場合は、破砕音が大きくなるので、近隣への挨拶など必ずケアをしておく必要があります。 ほこりを吸わないように、解体時には外出することをお勧めします。

また、柱や土台が水で腐食しているケースもあるので、工期延長や追加費用が発生する可能性があることを頭に入れておいてください。

ユニットバスの場合

簡単に交換できると思われがちですが、メーカーによってサイズが異なるケースがあるので注意が必要です。ものによっては、以前よりも浴室が狭くなってしまうということもありますので、事前によく調べておくことをお勧めします。

マンションの浴室リフォームで気を付けたいこと

ユニットバスへのリフォームでは、マンションならではの注意点が存在します。

在来工法の場合

同じスペースに壁や床がすべて一体になったユニットバスを入れ込む形になるので、どうしても以前より浴室が狭くなってしまいます。

また、排水の接続が悪いと水漏れの原因になります。戸建てと違い、マンションには階下に別のご家庭が暮らしているので、特に注意を払わなければいけません。

ユニットバスの場合

もともとマンションはユニットバスを採用しているところが多いので、ご自宅の浴室スペースに合うユニットバスの在庫がなく、納品されるまで時間がかかるというケースもあります。

また、マンションでは大規模修繕により、室内の配管が変わる可能性があり、再度ユニットバスの工事が必要となることもあります。リフォームをする前に管理会社や管理組合に計画予定や内容を確認しておくと安心です。

まとめ

ユニットバスへのリフォームの際には、解体時に大量の騒音やほこりが発生するので、周囲へのケアを含めて注意が必要です。ユニットバスの種類によっては、今までよりも浴室が狭くなる場合があるので、頭に入れておく必要があります。
ユニットバスはサイズが大きいので、搬入経路や通路幅に問題がないか事前に調査しておくことをお勧めします。マンションにはマンション専用のユニットバスもあるので、商品ラインナップが限られることもありますが、こちらを選んでおくと、搬入や工事の心配が少なくなります。

「事前予約」でスムーズにご案内

混雑時には充分なご案内が
できないことがございます。
ショールーム内のご案内、無料相談、
現地調査をご希望されるお客様は、
事前にお電話でご予約いただきますと、
優先的にご案内させていただきます。

Free dial Btn m yoyaku pc

受付時間: 10時〜19時(日・祝日除く)

Btn m yoyaku sp