お見積り無料

TOP > リフォームの実例 > 部分別リフォームプランの例:トイレ編

リフォームの実例トップへ
部分別リフォームプランの例

トイレ編

トイレは家の中で一番キレイにしておきたい場所。トイレがいつでもピカピカだと突然の来客でも安心だし、なんだか気分まですっきりしませんか?トイレのデザイン、機能や節水等のエコ性能は、この十数年で驚くほど進化しています。また便器だけでなく空間として見直して、トイレを快適空間に変身させましょう。

リフォーム 価格の目安
リフォームステーションならココが安心!

工事費・諸費用すべてコミコミ

リフォームステーションの工事費には、便器本体、付帯設備・配管費・電気配線工事費のほか、解体撤去費用などもすべて含まれています。お客様のご要望による変更がない限り、追加費用は発生しませんので安心です。

一流メーカーの高品質な製品を低価格で

ご家族のライフスタイルやご要望に合わせたトイレのリフォームをご提案。グループのメリットを活かして大手一流メーカーの製品をご納得いただける価格でご提供。幅広いラインナップから、ご希望とご予算に合わせてお選びいただけます。

トイレリフォームのポイント

なんといっても「手間いらずでキレイに」というのが、トイレを選ぶ時に最も優先させたいポイントではないでしょうか。さらに、タンクレスにしてトイレを広くする、水や節電などエコ性能にこだわるなど、どんなトイレ空間にしたいのかも考えましょう。

タイプ

トイレのタイプには、タンクレスタイプやタンク一体型、便器と便座の組み合わせが自由なタイプなどがあります。最近人気のタンクレスタイプはタンクがない分、スペースを広く使えるのが大きな特長です。また、洗浄機能付き便座なのはもちろん、凹凸や継ぎ目を減らし、こびりつきにくくお掃除がしやすいのも最近のトイレの特長です。

タンクレスタイプ

コンパクトで高機能な新世代トイレ。タンクがないため空間にゆとりが生まれます。また高い節水効果も魅力です。

タンク式タイプ

洗浄便座と便器が一体となったスタンダードなタイプ。手洗い付きと手洗いなしのタイプがあります。

組み合わせタイプ

便器と便座の組み合わせが自由なタイプです。

清掃性・機能性

トイレを選ぶ際の必須条件となるのがこの清掃性です。現在は自動で便器をキレイにしてくれるタイプが主流。有機ガラス系や表面がつるつるとした特殊コーティングなどの材質と、水流や泡、除菌水といったダブル効果でしっかり汚れを落とします。また、便器の凹凸やすき間、継ぎ目をなくし、サッと拭くだけで簡単に汚れが落とせるように配慮されています。

節水・エコ

使うたびに大量の水を必要とするトイレだから、節水対策はきちんと考えたいもの。中には、従来品より水の使用量を半分以下に抑えた商品も登場しています。また、使わない時に自動で便座とシャワーの温度を下げるなど、人にも地球にも、お財布にもやさしいエコ性能の高さをしっかりチェックする事がトイレを選ぶ際のポイントです。

  • 汚れやカビ、黒ずみを防ぐ加工

  • 汚れをはじく特殊加工

  • 清掃しやすいフチなし形状

  • 清掃しやすいフチなし形状

床・壁

  • フローリング材を使う場合、硬質フィルムなどでコーティングされた耐久性の高いものを。壁は機能性壁紙や珪藻土、調湿建材などを使用すれば、調湿や匂いの軽減が期待できます。

バリアフリー

例えば、便座のふたが自動で開いたり、リモコンの文字が大きかったり、立ち座りの負担を軽くするため座面をアップさせる「補高便座」だったり、誰もが使いやすい「ユニバーサルデザイン」の視点を取り入れた商品も豊富。リフォームの際には、先々のことを考えて、段差を解消したり、手すりを付けたり、出入口を広くして引き戸を付けたりといった年齢や健康への配慮を併せて検討してみるのも一案です。リフォームステーションでは、写真のように、ちょっとした物が置けて、立ち上がる際に手をつくこともできる棚をご提案しています。

トイレリフォームの実例紹介

リビングとゆるやかにつながる和洋室のある住まい。

ナチュラルモダンにこだわった明るさ溢れる開放的なリビングに。

おすすめリンク
  • 水回りのリフォームポイント
  • 工事が始まってから
TOP

無料お見積りはこちら